ハウスメーカーと専門業者の違い

「ハウスメーカー」と「専門業者」の違いをご説明します

外構・エクステリア工事を検討中する際に、「どこに依頼すれば一番得なんだろう?」と取引業者に関してお悩みを抱えている方もいらっしゃると思います。外構・エクステリア工事の依頼先の選択肢としては主に「ハウスメーカー」と外構工事の「専門業者」の2つが挙げられます。皆様はこの2つの違いについてはおわかりでしょうか?


こちらのページでは、埼玉県蕨市を中心に外構・エクステリア工事を設計から施工まで一貫して承る「千家工業」が「ハウスメーカー」と「専門業者」のそれぞれの特長についてご説明します。それぞれの特長を理解し、よりお客さまにとって有益な選択をしていただければ幸いです。

ハウスメーカーの特長

メリット
信頼感と安心感がある

多くの案件を担当している大手ハウスメーカーの場合は、さまざまな作業に基準を設け、その基準に沿って施工を進めていきます。

たとえば
1:品質管理が徹底している
2:工期が短いため完成が早い
3:プランが豊富にある
4:耐震や免震の技術が高い
などの理由から安心して任せることができます。また信頼の確保のために、万が一のトラブルのフォローに関しても万全です。

デメリット
比較的高額

ハウスメーカーは外構工事の専門ではありません。したがって工事自体は専門業者に外注するケースがほとんどです。そのためお客様が専門業者に直接依頼する場合より、手数料(マージン)が加算されます。

臨機応変な対応が難しい

作業基準が決まっていて、マニュアル化されているケースが多いので、臨機応変な対応ができない場合がほとんどです。

専門業者の特長

メリット
費用を抑えられます

自社での対応の場合、複数の会社が関連していることがないので、中間手数料(マージン)が不要です。

臨機応変な対応が可能

自社の職人が直接作業するので、お客さまの細かなご要望にも臨機応変に対応できます。こだわりが強い方は、ハウスメーカーに依頼するよりも設計の自由度を感じることができるはずです。

デメリット
知名度が低い

ハウスメーカーは知名度がありますが、実際に作業を行う専門業者の場合は知名度が低い場合がほとんどです。そのためお客さまとしては、ネームバリューだけで敬遠してしまうケースもあります。

外構・エクステリアに関しては千家工業にお任せください

「千家工業」は外構・エクステリアを専門に行っている業者です。営業から窓口、そして工事にいたるまで一貫して自社で行いますので、大手ハウスメーカーに工事を依頼する際に発生するさまざまなマージンがかかりません。また、営業担当者や窓口業務者、そして実際に仕事をする職人が同じ会社に在籍しているので、情報の共有が確実で伝達漏れの心配もいろいろな会社を経由するよりも少なく済みます。

地域密着で長年施工を行ってきた経験豊かな職人が、お客さまのご要望に沿った、そしてその土地に合った的確なプランをご提案。そして、お客さまと一緒にエクステリアをご満足いただける内容に仕上げます。新築住宅の外構も、カーポートやフェンスなどのリフォームもエクステリアのことはなんでも当社にお任せください。

ご質問、ご相談からお気軽にどうぞ! 埼玉で外構工事・エクステリア工事なら、一貫施工の千家工業へ!
0120-610-089 電話受付時間8:00-20:00
メールでのお問い合わせ